日本学術会議ニュース

【SCJ】平成24年度共同主催国際会議「第19回国際質量分析会議」の開催について(ご案内) 他−ニュース・メールNo.357

============================================================================== ** 日本学術会議ニュース・メール ** No.357 ** 2012/9/7
==============================================================================
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇ 平成24年度共同主催国際会議「第19回国際質量分析会議」の開催について(ご案内)
◇ 日独シンポジウム「ポジティブ・エイジング」(ご案内)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■----------------------------------------------------------------------------
  平成24年度共同主催国際会議「第19回国際質量分析会議」の開催について(ご案内)
----------------------------------------------------------------------------■
◆会 期:平成24年9月15日(土)〜9月21日(金)[7日間]
◆場 所:国立京都国際会館(京都府京都市)

 日本学術会議と日本質量分析学会が共同主催する「第19回国際質量分析会議」が、
9月15日(土)より、国立京都国際会館で開催されます。
当国際会議では、「21世紀のグローバル課題を解決する質量計測科学」をメインテー
マに、イオン化、イオン開裂、質量分離、計算化学、検出、生命科学等への各種応用、
データベースをはじめとするインフォマティックス等を主要題目として、1000を超える
研究発表と討論が行われることとなっており、その成果は、質量計測科学の発展、ひい
ては科学技術全体の発展に大きく資するものと期待されています。
また、一般市民を対象とした市民公開講座として、9月15日(土)14:00〜16:00に
「科学技術にマスマス貢献する質量分析」をテーマに市民公開講座が開催されることと
なっております。関係者の皆様に周知いただくとともに、是非、御参加いただけますよ
うお願いいたします。

第19回国際質量分析会議 市民公開講座
【科学技術にマスマス貢献する質量分析】
日 時:平成24年9月15日(土)14:00〜16:00
  会 場:国立京都国際会館「メインホール」

※内容等の詳細は以下のホームページをご参照ください。
○国際会議公式ホームページ( http://www.imsc2012.jp/

【問合せ先】日本学術会議事務局参事官(国際業務担当)付国際会議担当
(Tel: 03−3403−5731 、Mail: i254@scj.go.jp

■------------------------------------------------------
  日独シンポジウム「ポジティブ・エイジング」(ご案内)
-----------------------------------------------------------■
■日時:平成24年10月9日(火)13時30分〜19時00分
■会場:ホテルニューオータニ東京
■趣旨:
  世界でも群を抜いた長寿国である日本とドイツは、高齢社会のもつ潜在的な可能性を
明らかにすると同時に、妨げとなっている状況や原因について解明しようとしています。
  本シンポジウムでは、「ポジティブ・エイジング」をテーマとして、日独の最前線で
活躍する専門家が一堂に会し、高齢化をめぐる諸課題について講演を行います。
  最新の科学的知見について情報交換の場を提供します。
■主催:
  ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京
  ドイツ国立学術アカデミーレオポルディーナ
  東京大学高齢社会総合研究機構
■後援:
  日本学術会議、ドイツ日本研究所、日本老年学会、高齢社会NGO連携協議会
■プログラム 【敬称略】
  13:30〜14:00 ご挨拶
        フォルカー・シュタンツェル(駐日ドイツ連邦共和国大使)

 14:00〜15:00 第1部:高齢化の可塑性
  司会: 柴田 博
(人間総合科学大学保健医療学部学部長、
日本応用老年学会理事長)
  講演者: ウーズラM.・シュタウディンガー
  (ドイツ国立アカデミーレオポルディーナ副会長、
ヤーコプス大学ブレーメン教授)
秋山 弘子
  (東京大学高齢社会総合研究機構特任教授、
日本学術会議元副会長)

 15:00〜16:00 第2部:高齢化と経済
  司会: 市村 英彦
   (東京大学 公共政策大学院、大学院経済学研究科 教授)
  講演者: アクセル・ベルシュ=ズ−パン
   (マックス・プランク社会法社会政策研究所ミュンヘン加
              齢経済センター(MEA)所長)
  小川 直宏(日本大学人口研究所所長)

 16:00〜16:30 休憩

 16:30〜17:30 第3部:企業・就労のコンテキストにおける高齢化
  司会: フローリアン・コールバッハ
    (ドイツ日本研究所経営・経済研究部長)
  講演者: 清家 篤 (慶応義塾大学塾長)
  ウッシ・バッケス=ゲルナー(チューリッヒ大学経営学部教授)

 17:30〜18:30 第4部:高齢化とボランティア活動
  司会: 白澤 政和(桜美林大学大学院老年学研究科教授、
                  日本学術会議会員)
  講演者: 山内 直人(大阪大学 大学院国際公共政策研究科教授)
  マルセル・エアリングハーゲン
    (デュースブルク・エッセン大学社会学科社会学研究所
               教授)

 18:30〜19:00 閉会の辞
  フロリアン・クルマス(ドイツ日本研究所所長)
  秋山 弘子
  ウーズラM.・シュタウディンガー

■シンポジウム詳細: http://www.dwih-tokyo.jp/ja/home/events/positive-aging/
■参加費:無料
■使用言語:日本語・英語の同時通訳
■参加申込み:
  Web(申込フォーム)によりお申込み下さい。
  URL: http://www.dwih-tokyo.jp/ja/home/events/positive-aging/registration-form/
■申込、参加に関する問い合わせ先
  ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京
  Tel.: 03-5276-8820  E-mail: info@dwih-tokyo.jp


**********************************************************************
       学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
   http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
**********************************************************************
======================================================================
  日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術誌等
への転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多くの方にお
読みいただけるようにお取り計らいください。
======================================================================
  発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
     〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34