日本学術会議ニュース

【SCJ】日本学術会議東北地区会議公開学術講演会の開催について(ご案内) 他−ニュース・メールNo.318

=======================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.318 ** 2011/10/14
=======================================================================
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇ 日本学術会議東北地区会議公開学術講演会の開催について(ご案内)
◇ 日本学術会議中部地区会議公開学術講演会の開催について(ご案内)
◇ 公開シンポジウム「口腔顎顔面領域における再生医療の現状と課題」の開催
  について(ご案内)
◇ 環境省からのお知らせ
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■-----------------------------------------------------------------
   日本学術会議東北地区会議公開学術講演会の開催について(ご案内)
------------------------------------------------------------------■
  ◆日  時:平成23年11月11日(金) 13:00〜17:00
  ◆場  所:岩手大学教育学部 北桐ホール
        (岩手県盛岡市上田3丁目18番8号)
  ◆主  催:日本学術会議東北地区会議
  ◆共  催:岩手大学、日本学術会議同友会東北部会
  ◆次  第:
   1.開会挨拶
       栗原 和枝(日本学術会議東北地区会議前代表幹事・会員、
                東北大学原子分子材料科学高等研究機構教授)
       藤井 克己(岩手大学長、日本学術会議連携会員)

  2.講演
      「東日本大震災からの復興における日本学術会議としての取組」
        石川幹子(東京大学大学院工学系研究科教授、日本学術会議会員)

     「東北地方太平洋沖地震による津波発生のメカニズム」
        今村文彦(東北大学大学院工学研究科教授、日本学術会議連携会員)

     「津波被害とまちづくり −岩手県沿岸市町村の復興計画から−」
        堺 茂樹(岩手大学工学部長)

  3.パネルディスカッション「被災地に寄りそう支援活動と科学技術」
     パネリスト:石川幹子(東京大学大学院工学系研究科教授、日本学術会議会員)
           砂山 稔(岩手大学人文社会科学部教授)
           山崎 友子(岩手大学教育学部教授)
           堺 茂樹(岩手大学工学部長)
           廣田 純一(岩手大学農学部教授)
        司会:岩渕 明
            (岩手大学理事(総務・地域連携・国際連携)・副学長、
             日本学術会議連携会員)

  4.閉会

 ※入場無料

 ※お問合せ先:
    日本学術会議東北地区会議事務局(東北大学研究協力部研究協力課内)
    TEL:022-217-4840 FAX:022-217-4841

■-----------------------------------------------------------------
   日本学術会議中部地区会議公開学術講演会の開催について(ご案内)
------------------------------------------------------------------■
  ◆日  時:平成23年11月11日(金) 13:00〜16:00
  ◆場  所:静岡大学静岡キャンパス 大学会館ホール
        (静岡市駿河区大谷836)
  ◆主  催:日本学術会議中部地区会議
  ◆共  催:静岡大学
  ◆次  第:
   1.開会挨拶
       伊東 幸宏(静岡大学長)
       武市 正人(日本学術会議副会長)
       巽  和行(日本学術会議中部地区会議代表幹事・会員)

  2.科学者との懇談会活動報告

  3.学術講演会
      「“フェアリーリング(妖精の輪)”の化学的解明とその“妖精”
       の農業への応用の可能性」
       河岸 洋和(静岡大学創造科学技術大学院教授)

     「熱水を用いる東日本大震災のがれきの燃料化技術」
       佐古  猛(静岡大学創造科学技術大学院教授)

  4.閉会挨拶

 ※入場無料

 ※お問合せ先:
    日本学術会議中部地区会議事務局(名古屋大学研究協力部研究支援課内)
    TEL:052−789−2039 FAX:052−789−2041
    又は
    静岡大学学術情報部研究協力課
    TEL:054−238−4316 FAX:054−238−4312

■-------------------------------------------------------------------
  公開シンポジウム「口腔顎顔面領域における再生医療の現状と課題」の開催
について(ご案内)
--------------------------------------------------------------------■
  歯科医療においては、歯・骨・軟骨などの硬組織欠損という疾患の特徴から、
従来、人工生体材料を用いた治療方法を確立し、臨床応用が発展してきた。
一方、自己の組織を再生して組織や臓器の機能をとりもどすことを可能とする
再生医療は、次世代の医療として期待の高まっている医療技術である。我が国
において、この10年余り、幹細胞を使った再生医療や創薬利用の実現のために、
多方面への応用が期待される多能性幹細胞として、ES細胞、組織幹細胞、さらに、
iPS細胞を用いた研究が活発に推進されている。しかし、医療への応用には種々
の多面的な問題点の解決が必要である。本シンポジウムでは、日本矯正歯科学
会との共催により、口腔顎顔面領域における再生医療として、骨軟骨再生医療、
歯周組織再生療法、歯の再生治療に関する基礎研究から臨床応用への戦略に関
して、現状と課題、展望についての議論を深めたい。

◆日時:平成23年10月18日(火)14:30〜16:30

◆場所:名古屋国際会議場2号館1階セミナー会場
     (名古屋市熱田区熱田西町1番1号)

◆主催:日本学術会議歯学委員会、日本矯正歯学学会

◆後援:日本医歯薬アカデミー

◆次第:
  ○開会の挨拶
    渡邊 誠(日本学術会議連携会員、東北福祉大学総合福祉学部教授
         ・感性福祉研究所副所長)
   後藤 滋己(日本矯正歯科学会大会長、愛知学院大学歯学部教授)

 ○コーディネーター
    山本 照子(日本学術会議連携会員、東北大学大学院歯学研究科教授)
    野口 俊英(愛知学院大学歯学部教授)

 (1) 「骨軟骨再生医療の現状と展望」
      高戸 毅 (日本学術会議第二部会員、東京大学大学院医学系研究科教授)

 (2) 「歯周組織再生療法の現状と課題」
      村上 伸也(大阪大学大学院歯学研究科教授)

 (3) 「未来の歯科治療としての歯科再生医療」
      辻 孝(東京理科大学総合研究機構教授)

 (4) 総合討論

 ○閉会の辞 米田俊之(日本学術会議連携会員、大阪大学大学院歯学研究科教授)

詳細については、以下のURLを御覧ください。
   http://square.umin.ac.jp/jos-am/70jos/index.html

◆問い合わせ先:山本照子
        東北大学大学院歯学研究科
        口腔保健発育学講座
        顎口腔矯正学分野
        〒980-8575 宮城県仙台市青葉区星陵町4-1
        TEL & FAX: 022-717-8374

        日本学術会議事務局第二部担当 木田
         Tel:03-3403-1091

■-------------------------------------------------------------------
  環境省からのお知らせ
  平成23年度環境研究総合推進費 研究成果発表会
  「環境研究の最前線」開催のお知らせ
--------------------------------------------------------------------■
環境省から、平成23年10月19日(水)、平成23年度環境研究総合推進費研究
成果発表会を開催する旨のご案内がありましたのでお知らせします。

詳細は、下記をご覧ください。
  環境省HP 環境研究総合推進費>報道発表>イベント情報
http://www.env.go.jp/policy/kenkyu/suishin/houdou/event/index.html#presentation

【お問合せ】
  一般社団法人国際環境研究協会
   TEL:03-5812-2105 FAX:03-5812-2106 E-mail:seika@airies.or.jp

**********************************************************************
       学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
   http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
**********************************************************************
======================================================================
  日本学術会議は、平成23年10月1日より、第22期として新たな活動を開始
  致します。
  整理上、協力学術研究団体におきましては、登録情報のメールアドレス宛て
  に配信させて頂きます。
  配信先の変更がある場合はお知らせください。
  なお、日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術
  誌等への転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多くの方
  にお読みいただけるようにお取り計らいください。
======================================================================
  発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
     〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34