日本学術会議ニュース

【SCJ】日本学術会議 広渡清吾新会長の就任について(お知らせ)他−ニュース・メールNo.305

=======================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.305 ** 2011/7/15
=======================================================================
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇ 日本学術会議 広渡清吾新会長の就任について(お知らせ)
◇ 公開シンポジウム「口蹄疫、高病原性鳥インフルエンザ等の危機を乗りこ
えるために」の開催について(ご案内)
◇ 公開シンポジウム「進化する生物の世界−生体高分子から生物多様性、脳
  -神経系から人間社会まで」の開催について(ご案内)
◇ JST社会技術研究開発センターからのお知らせ(3件)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■---------------------------------------------------------------------
   日本学術会議 広渡清吾新会長の就任について(お知らせ)
---------------------------------------------------------------------■
金澤前会長が6月19日に定年退職したことに伴い、7月11日に開催された
第160回総会で、第16代会長(任期:9月30日まで)に広渡清吾会員(
第1部)が選出されました。
  広渡会長は、副会長に大垣眞一郎会員(第3部)、秋山弘子会員(第1部)及
び唐木英明会員(第2部)を指名し、就任挨拶において、会員、連携会員の力を
あわせて、日本の科学者の代表機関として、日本学術会議が所期の使命を果たす
ことができるように力を尽くしていきたいと述べられました。

■---------------------------------------------------------------------
  公開シンポジウム「口蹄疫、高病原性鳥インフルエンザ等の危機を乗りこえ
るために」の開催について(ご案内)
---------------------------------------------------------------------■
 ◆日  時:平成23年8月5日(金)13:00〜17:00

 ◆場  所:独立行政法人家畜改良センター講堂(福島県西白河郡西郷村)

 ◆主  催:日本学術会議農学委員会・食料科学委員会

 ◆共  催:独立行政法人 家畜改良センター、社団法人 日本畜産学会、
       社団法人 日本獣医学会

 ◆開催趣旨: 近年わが国に大きな災禍をもたらした口蹄疫、高病原性鳥イ
        ンフルエンザは、依然として畜産界にとって大きな脅威となっ
        ています。こうした危機を乗り越え今後の展望を切り開いてい
        くためには、これら伝染病に関して常日頃から防疫意識を高め
        ておき、万が一の際の迅速な初期対応や貴重な育種資源のリス
        ク管理について備えをしておくことが極めて重要です。
         このため、国内の第一線で活躍されている専門家から関係分
        野についてご講演を頂き、これまでの発生事例と防疫対応から
        学ぶべきこと、関係分野の最新の研究成果から対策として活か
        すべきこと等について理解を深め、わが国畜産の持続的発展の
        ための方策について考えるシンポジウムを開催します。

◆次  第:

  開会 挨拶:矢野秀雄(日本学術会議第二部会員、
                  独立行政法人家畜改良センター理事長)

  第1部(講演会)

    1)口蹄疫の病性と発生事例から学ぶ防疫技術の現状
          村上洋介 (帝京科学大学生命環境学部教授)

    2)高病原性鳥インフルエンザに関する最近の知見
         喜田 宏 (日本学術会議連携会員、北海道大学大学院獣医学
              研究科教授・人獣共通感染症リサーチセンター長)

    3)家畜遺伝資源の保存・復元

     (1)家畜生殖細胞の保存、個体復元に関する研究開発動向
         眞鍋 昇(日本学術会議連携会員、東京大学大学院農学生命科学
                    研究科教授、日本繁殖生物学会理事長)

     (2)家畜改良センターの家畜育種資源確保の取り組み
         岡部昌博((独)家畜改良センター改良部長)

   − 休憩 −

   特別講演  放射性物質と畜産 ―過去の事例を中心に―(仮題)
         塩谷 繁 ((独)農業・食品産業技術総合研究機構畜産草地研究所
                         家畜飼養技術研究領域長)

  第2部(パネルディスカッション)
     コーディネーター:濱岡 隆文((独)農業・食品産業技術総合研究機構
                            動物衛生研究所長)

  閉会

 ◆参加無料・参加申込み先:
       家畜改良センターのホームページからお申込みください
        ( http://www.nlbc.go.jp

 ◆問い合わせ先:
       独立行政法人家畜改良センター(中央畜産研究施設)
       担当:鹿又、滝澤
       TEL 0248-25-7060 / FAX 0248-25-6755
       E-mail kensyu@nlbc.go.jp

   詳細については、以下のURL(日本学術会議HP)を御覧ください。
      http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/127-s-2-3.pdf

 【問い合わせ先】
        日本学術会議事務局第二部担当 相原
        Tel:03-3403-1091

■---------------------------------------------------------------------
  公開シンポジウム「進化する生物の世界−生体高分子から生物多様性、
脳-神経系から人間社会まで」の開催について(ご案内)
---------------------------------------------------------------------■
 ◆日  時:平成23年7月31日(日)13:00〜17:00

 ◆場  所:京都大学時計台百年記念ホール(京都府京都市左京区吉田本町)

 ◆主  催:日本学術会議基礎生物学委員会・統合生物学委員会合同
       進化・系統学分科会、日本進化学会

 ◆共  催:京都大学グローバルCOE〈生物多様性と進化〉
        新学術領域〈複合適応形質進化の遺伝子基盤解明〉

 ◆開催趣旨: 高校生や一般人を対象にした公開シンポジウムである。
        地球上に生息する生き物のダイナミックな進化の様子を、DNAや
       タンパク質などの変異から、単細胞の生物、多細胞生物の生理
       的な表現型可塑性やエピジェネティクスを介して生物多様性へ、
       さらには動物の脳−神経系が司る学習行動から人間の言語の進
       化まで広く観ることで、生物進化の新しい理解を探るとともに、
       進化学最前線の面白さを若い世代にやさしく伝えたい。なお、
       平成24年度から施行される新学習指導要領の高校生物にも一部
       対応したテーマが新たな切り口で展開されるので、進化教育に
       も資する企画である。

 ◆次  第:

  ○コーディネーター
        嶋田 正和(日本学術会議連携会員、
                   東京大学大学院総合文化研究科教授)
        長谷部 光泰(日本学術会議連携会員、
                  自然科学研究機構基礎生物学研究所教授)

  ○演題・演者等

   長谷部 光泰(日本学術会議連携会員、
                 自然科学研究機構基礎生物学研究所教授)
       「はじめに−現代進化生物学の面白さ」

   山岸 明彦 (東京薬科大学・教授)
       「古細菌からわかる生命の初期進化40億年前の世界」

   加藤 茂明 (東京大学・分子細胞生物学研究所・教授)
       「第二の遺伝暗号−エピゲノム」

   清水 健太郎(チューリッヒ大学・植物生物学研究院)
       「気候変動によって植物は進化するか?」

   伊藤 元己(東京大学・大学院総合文化研究科・教授)
       「生物多様性とバイオインフォマティックス」

   岡ノ谷 一夫(日本学術会議連携会員、東京大学大学院教授)
       「動物コミュニケーションから考える言語の起源」

   岡田 典弘 (東京工業大学・生命理工学部・教授)
       「種分化の分子基盤: ヴィクトリア湖の魚たち」

   嶋田 正和(日本学術会議連携会員、東京大学大学院総合文化研究科教授)
       「おわりに−進化学の最前線と進化教育の新しい展開:
                      新学習指導要領への高大連携」

 ◆問い合わせ先:
   阿形清和
    〒606-8502 京都市左京区北白川追分町
    京都大学・理学研究科・生物物理学教室
    TEL 075-753-4200 / FAX 075-753-4203
    E-mail agata@mdb.biophys.kyoto-u.ac.jp

   詳細については、以下のURL(日本学術会議HP)を御覧ください。
     http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/125-s-2-6.pdf

【問い合わせ先】
    日本学術会議事務局第二部担当 相原
   Tel:03-3403-1091

□−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆◇JST社会技術研究開発センターからのお知らせ(3件)
□■−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  1  公開シンポジウム 震災からの復興を「活力ある街・地域」創りにつなげる
   〜地域の「潜在力」を引き出す社会技術〜
  [会期]:2011年8月4日(木)  10:00〜16:30(開場9:30)
  [会場]:仙台国際センター大会議室[萩](仙台市青葉区青葉山)
      http://www.sira.or.jp/icenter/index.html
  [主催]:科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)
  [後援(予定)]:仙台市/東北大学/社団法人 東北経済連合会/株式会社 河北新報社
  [参加費]:無料(定員250名)
  [詳細・お申し込み]:Webサイトをご覧ください。
            http://www.itsr.jp/
  [お問い合わせ]:シンポジウム事務局 (株)第一エージェンシー内
        電話番号 022-265-3460/FAX番号 022-265-0455
        E-mail infomail@itsr.jp

 2 <提案募集開始のご案内>「科学技術イノベーション政策のための科学
   研究開発プログラム」
   ■募集期間
    平成23年7月5日(火)〜平成23年8月29日(月)正午
   ■募集要項
    社会技術研究開発センター ホームページ
     http://www.ristex.jp/examin/suggestion.html
    府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト
     http://www.e-rad.go.jp/
   ■募集説明会<予定>
    ○日時:平成23年7月25日(月)14:00〜16:00(13:30受付開始)
    ○場所:JSTホール(千代田区四番町5-3 サイエンスプラザ地下1階)
    ◯地図: http://ristex.jp/examin/images/sug02.jpg
    Ustreamでの動画配信も予定しています。
   ■募集に関する最新情報・詳細等につきましては、下記をご覧ください。
     http://www.ristex.jp/examin/suggestion.html
   ■募集に関するお問合せ先
    独立行政法人科学技術振興機構(JST)
    社会技術研究開発センター 企画運営室 公募担当
    E-mail: pub-t@jst.go.jp
    Tel: 03-5214-0132 (受付時間:10:00〜12:00/13:00〜17:00)
    Fax: 03-5214-0150
   ■本プログラムは、文部科学省の推進事業の一環として実施しています。
    推進事業の詳細 http://crds.jst.go.jp/seisaku/

 3 社会技術研究開発センター「犯罪からの子どもの安全」研究開発領域
   国際犯罪学会 第16回世界大会 公開シンポジウム「科学的根拠に基づく
   子どもの被害防止 −研究から実践へ−」
   ◆日時:2011年8月8日(月) 13:15−16:30
   ◆会場:神戸国際会議場 1階メインホール(神戸市中央区)
   ◆言語:日本語・英語(同時通訳有)
    シンポジウムの詳細、お申し込みはこちら(参加費無料)
      https://www.ilcc.com/isc2011-kodomo/index.html
   【問い合わせ先】
      株式会社インターナショナルランゲージアンドカルチャーセンター
      (ILCC)内シンポジウム参加登録事務局
      TEL: 03-5562-3677/FAX: 03-5562-3666
      E-mail: isc2011-kodomo@ilcc.com

**********************************************************************
       学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
   http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
**********************************************************************
======================================================================
日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術
  誌等への転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多く
  の方にお読みいただけるようにお取り計らいください。
======================================================================
  発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
     〒106-8555 東京都港区六本木7-22-3