日本学術会議ニュース

【SCJ】公開シンポジウム「『健康・生活価値』の探求−健康・生活科学委員会からの学術・教育への緊急提言」の開催(ご案内) 他− 学術会議ニュース・メールNo.279

=======================================================================
** 日本学術会議ニュースメール ** No.279 ** 2010/12/17
=======================================================================
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇ 公開シンポジウム「『健康・生活価値』の探求−健康・生活科学委員会から
の学術・教育への緊急提言」の開催(ご案内)
◇ 公開シンポジウム「バイオ医薬品の新たな潮流」の開催(ご案内)
◇ 日本学術会議東北地区会議主催地域振興・東北地区フォーラム
「テーラーメード医療の現状と展望」の開催(ご案内)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++■
■-----------------------------------------------------------------
公開シンポジウム「『健康・生活価値』の探求−健康・生活科学委員会
からの学術・教育への緊急提言」の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------■

◆日  時:平成23年1月7日(金)、13:00〜17:00頃
◆場  所:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7−22−34)
◆主  催:日本学術会議健康・生活科学委員会 
◆共  催:日本医歯薬アカデミー(予定)
◆次  第:
○開会挨拶と趣旨説明:
南 裕子(日本学術会議第二部会員・同健康・生活科学委員会委員長、
近大姫路大学学長)

○会長ご挨拶:
金澤一郎(日本学術会議会長、宮内庁皇室医務主管)

○司会と進行: 
春日文子(日本学術会議第二部会員・同健康・生活科学委員会幹事、
国立医薬品食品衛生研究所室長)

○シンポジスト
1)公衆衛生学分野から     
岸 玲子(日本学術会議第二部会員・同健康・生活科学委員会副委員長、
北海道大学環境健康科学研究教育センター長・特任教授)
2)看護学分野から       
太田 喜久子(日本学術会議連携会員、慶応大学看護医療学部教授)
3)スポーツ健康科学分野から  
福永 哲夫(日本学術会議第二部会員、鹿屋体育大学学長)
4)生活科学分野から      
片山 倫子(日本学術会議第二部会員、・同健康・生活科学委員会幹事、
東京家政大学家政学部教授)

○総括
南 裕子(日本学術会議第二部会員・同健康・生活科学委員会委員長、
近大姫路大学学長)

○シンポジウムの閉会
岸 玲子(日本学術会議第二部会員・同健康・生活科学委員会副委員長、
北海道大学環境健康科学研究教育センター長・特任教授)

★連絡先
近大姫路大学 南裕子
電話079-247-7422

★参加無料、事前申込み不要

詳細については、以下のURL(日本学術会議HP)を御覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/113-s-2-2.pdf

【問い合わせ先】
日本学術会議事務局第二部担当 青池
Tel:03-3403-1091

-----------------------------------------------------------------
公開シンポジウム「バイオ医薬品の新たな潮流」の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------■

◆日  時:平成23年1月21日(金)、10:00〜16:45
◆場  所:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7−22−34)
◆主  催:日本学術会議薬学委員会生物系薬学分科会
◆共  催:日本薬学会
◆次  第:

10:00−10:15 挨拶
【座長:山元弘/神戸学院大学薬学部】
10:15−10:45 バイオ医薬品の新たな展開と国民の期待
山口照英 独立行政法人医薬品医療機器総合機構
10:45−11:15 トシリズマブ−日本発の抗体医薬品第一号
大杉義征 株式会社中外製薬
11:15−11:45 バイオ医薬品による疾病治療の最適化を目指して
堤康央 大阪大学薬学研究科・医薬基盤研究所
11:45−13:15 昼休憩

【座長:眞弓忠範/神戸学院大学大学院薬学研究科】
13:15−13:45 機能性オリゴ核酸を用いた創薬とそれを支えるDDS技術
岡田弘晃 東京薬科大学薬学部
13:45−14:15 抗体医薬品の品質・安全性評価の新潮流
川崎ナナ 国立医薬品食品衛生研究所生物薬品部
14:15−14:45 喘息における分子標的治療
大田健 帝京大学医学部
14:45−15:00 休憩

【座長:花岡文雄/学習院大学理学部】
15:00−15:30 核酸医薬品の課題と開発戦略
中澤隆弘 アンジェスMG株式会社
15:30−16:00 RNAの造形力を利用したアプタマー創薬
中村義一 東京大学医科学研究所
16:00−16:30 バイオ医薬への期待と今後の課題
宮田満 日経BP社
16:30−16:45 まとめ 西島正弘 日本学術会議薬学委員会生物系薬学分科会委員長

★連絡先
国立医薬品食品衛生研究所長 西島正弘/担当:若林由紀子
電話03-3700-5219
E-mail:ywakabayashi@nihs.go.jp

★参加無料、事前申込み不要

詳細については、以下のURL(日本学術会議HP)を御覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/113-s-2-1.pdf

【問い合わせ先】
日本学術会議事務局第二部担当 青池
Tel:03-3403-1091

-----------------------------------------------------------------
日本学術会議東北地区会議主催地域振興・東北地区フォーラム
「テーラーメード医療の現状と展望」の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------■

◆日  時:平成23年1月28日(金)、13:00〜17:20
◆場  所:メルパルク仙台(宮城県仙台市宮城野区榴岡5−6−51)
◆主  催:日本学術会議東北地区会議
◆次  第:

13:00−    開会挨拶 金澤 一郎(日本学術会議会長)
栗原 和枝(日本学術会議東北地区会議代表幹事、
日本学術会議第3部会員)

【第1部 基調講演】 
13:20−14:10 「国立がん研究センターの改革とテーラーメード医療」
嘉山 孝正(独立行政法人国立がん研究センター理事長、
日本学術会議連携会員)
14:10−15:00 「個人化医療への期待」
笹月 健彦(九州大学高等研究院特別主幹教授、
日本学術会議連携会員)

【第2部 パネルディスカッション】
15:10−17:10 テーマ「テーラーメード医療の現状と展望」
コーディネーター 
菅村 和夫(宮城県立がんセンター総長、
日本学術会議第2部会員)
石岡 千加史(東北大学加齢医学研究所教授)
パネリスト
嘉山 孝正(基調講演者)
笹月 健彦(基調講演者)
伊東 恭悟(久留米大学医学部教授)
貫和 敏博(東北大学大学院医学系研究科教授、
日本学術会議連携会員)
山本 雅之(東北大学大学院医学系研究科長・教授、
日本学術会議連携会員)

17:10−    閉会挨拶 吉本 高志(独立行政法人大学入試センター理事長、
東北大学前総長、日本学術会議第2部会員)

○総合司会 渡邉 誠(東北福祉大学総合福祉学部教授、
日本学術会議第2部会員)

★問い合わせ先
日本学術会議東北地区会議事務局(東北大学研究協力部研究協力課内)担当:佐藤、水戸
電話022-217-4840 FAX022-217-4841
E-mail:kenkyo@bureau.tohoku.ac.jp

★参加無料
ご参加を希望される方は、氏名、会社又は機関名、連絡先をご記入の上、
上記FAX又はメールでお知らせください。
なお、登録完了のご連絡は行いませんので、直接会場にお越しください。


********************************************************************
学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
********************************************************************
====================================================================  
日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術
誌等への転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多く
の方にお読みいただけるようにお取り計らいください。
また、日本学術会議協力学術研究団体の指定を受けておられる学協会
におかれましては、メールアドレス、事務局及びその所在地、電話番号、
ファクシミリ番号、ホームページURL等に変更がありましたら、事務局
p228@scj.go.jp)まで御一報いただければ幸いです。
====================================================================
発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34