日本学術会議ニュース

【SCJ】平成22年度共同主催国際会議「第23回国際霊長類学会大会」の開催(ご案内)他− 学術会議ニュース・メールNo.268

=======================================================================  
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.268 ** 2010/9/3 **
=======================================================================
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇ 平成22年度共同主催国際会議「第23回国際霊長類学会大会」の開催(ご案内)
◇ 市民公開講座「身体活動・運動の推進による生活習慣病予防:
一次予防から三次予防まで」の開催(ご案内)
◇ 日本マクロエンジニアリング学会(JAMES) 
創立25周年記念シンポジウム2010の開催(ご案内)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■-----------------------------------------------------------------------
平成22年度共同主催国際会議「第23回国際霊長類学会大会」の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------------■

会 期:平成22年9月12日(日)〜18日(土)[7日間]
場 所:京都大学百周年時計台記念館、および周辺教室(京都府京都市)

日本学術会議と日本霊長類学会が共同主催する「第23回国際霊長類学会大会」が、
9月12日(日)より、京都大学百周年時計台記念館、および周辺教室で開催されます。
当国際会議では、「霊長類とヒトの共存」をメインテーマに、社会性の進化、社会
生態学、文化霊長類学、保全生態学、認知心理学、ゲノム進化学、形態生理学等を
主要題目として、研究発表と討論が行われることとなっており、56ヵ国から1,000名
を越える研究者の参加が見込まれています。
また、一般市民を対象とした公開講座として、9月18日(土)に「暴力の起源とその
解決法」が開催されることとなっておりますので、関係者の皆様に周知いただくと
ともに、是非、御参加いただけますようお願いいたします。

第23回国際霊長類学会大会 市民公開講座 【暴力の起源とその解決法】

日 時:平成22年9月18日(土)13:30〜17:30
会 場:京都大学百周年時計台記念館(1階 百周年記念ホール)
内 容:
挨  拶:江崎 信芳(京都大学 副学長)
趣旨説明:山極 寿一(国際霊長類学会会長)
基調講演:「チンパンジーと人間の戦争の起源」
Richard Wrangham(ハーバード大学 教授)
講  演:「狩猟採集民と暴力」市川 光雄(京都大学 名誉教授)
講  演:「宗教と暴力」小原 克博(同志社大学 教授)
総合討論: 梶田 真章(法然院貫主)
黒田 末寿(滋賀県立大学 教授)
小長谷 有紀(国立民族博物館 教授)
長谷川 寿一(東京大学 教授)

【同時通訳あり】

※詳細は以下のホームページをご参照ください。
○国際会議公式ホームページ http://www.ips2010.jp/
○市民公開講座ホームページ http://www.ips2010.jp/opensympo.html

【問合せ先】日本学術会議事務局参事官(国際業務担当)付国際会議担当
(Tel:03−3403−5731、Mail:i254@scj.go.jp
■-----------------------------------------------------------------
市民公開講座「身体活動・運動の推進による生活習慣病予防:
一次予防から三次予防まで」の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------■

◆日  時:平成22年9月18日(土) 16:00〜18:00
◆場  所:千葉商科大学 A会場(7号館702号室)(千葉県市川市国府台1-3-1)
◆主  催:日本学術会議臨床医学委員会・健康・生活科学委員会合同生活習慣病対策分科会、
同健康・生活科学委員会健康・スポーツ科学分科分科会、日本体力医学会
◆次  第:
座長 福永哲夫(鹿屋体育大学学長、日本学術会議会員、同健康・生活科学委員会健康・
スポーツ科学分科会委員長)
下光輝一(東京医科大学公衆衛生学講座、日本学術会議連携会員)

1.小児期からの生活習慣病予防:
岡田知雄(日本大学医学部小児科、日本学術会議連携会員)
2.健康づくりに必要な身体活動・運動:
田中茂穂(独立行政法人国立健康・栄養研究所) 
3.特定健診・保健指導における運動指導:
宮地元彦(独立行政法人国立健康・栄養研究所)
4.肥満の運動療法:
田中喜代次(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
5.心臓リハビリテーションにおける運動療法:
牧田茂(埼玉医科大学国際医療センター心臓リハビリテーション科)
6.身体活動推進のための環境支援について:
井上茂(東京医科大学公衆衛生学講座)

コメンテーター:森本兼曩(大阪体育大学副学長、日本学術会議連携会員・同臨床医学委員会・
健康・生活科学委員会合同生活習慣病対策分科会委員長)

★連絡先
東京医科大学公衆衛生学講座
TEL:03-3351-6141(237)
FAX:03-3353-0162
e-mail: prev-med@tokyo-med.ac.jp

★参加無料、事前申込み不要

詳細については、以下のURL(日本学術会議HP)を御覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/92-s-2-3.pdf

【問い合わせ先】
日本学術会議事務局第二部担当 青池
Tel:03-3403-1091

■-----------------------------------------------------------------------
日本マクロエンジニアリング学会(JAMES)
創立25周年記念シンポジウム2010の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------------■  

農業とバイオ燃料-非循環型化石燃料経済から持続可能なバイオ経済へ-

共催:Macro Engineering Society Pakistan (MESPAK)
後援:拓殖大学海外事情研究所
協賛:(財)エンジニアリング振興協会(ENAA)

☆日  時: 2010年9月14日(火)シンポジウム10:00〜17:30 
☆会  場: 拓殖大学文京キャンパス C館201号室
☆会  費: 会員7,000円(資料代その他として), 非会員10,000円                  
☆連 絡 先: 日本マクロエンジニアリング学会事務局
(〒112-8585文京谷区小日向3-4-14)
拓殖大学海外事情研究所 吉野研究室内 
Tel/Fax03-3947-2323 E-mail:fyoshino@ner.takushoku-u.ac.jp

********************************************************************
学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
********************************************************************
====================================================================  
日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術
誌等への転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多く
の方にお読みいただけるようにお取り計らいください。
また、日本学術会議協力学術研究団体の指定を受けておられる学協会
におかれましては、メールアドレス、事務局及びその所在地、電話番号、
ファクシミリ番号、ホームページURL等に変更がありましたら、事務局
p228@scj.go.jp)まで御一報いただければ幸いです。
====================================================================
発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34