日本学術会議ニュース

【SCJ】日本学術会議からの政府・社会に対する提言等の公表について(ご案内) 他 - 学術会議ニュース・メールNo.264

====================================================================  
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.264 ** 2010/8/6 **
====================================================================
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇ 日本学術会議からの政府・社会に対する提言等の公表について(ご案内)
◇ 共同主催国際会議の募集について(ご案内)
◇ 公開シンポジウム「口蹄疫発生の検証およびその行方と対策」の開催について(ご案内)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■-----------------------------------------------------------------------
日本学術会議からの政府・社会に対する提言等の公表について(ご案内)
------------------------------------------------------------------------■
日本学術会議は、会則第2条に基づき表出する政府及び関係機関等への提言等
として、以下の提言等を公表しました。

○提言「学術誌問題の解決に向けて−「包括的学術誌コンソーシアム」の創設−」
(科学者委員会学術誌問題検討分科会)

○報告「科学者コミュニティから見た今後の知的財産制度のあり方について」
(科学者委員会知的財産検討分科会)

上記提言等は次のURLからご覧になれます。

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-21-t101-1.pdf

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-21-h100-1.pdf

■-----------------------------------------------------------------------
共同主催国際会議の募集について(ご案内)
------------------------------------------------------------------------■
日本学術会議では昭和28年度以降、国内で開催され、学術研究団体が主催する国際
会議のうち、「学問的意義が高く」、「科学的諸問題の解決を促進する」等、特に
重要と認められる国際会議について、共同主催を行うことにより、学術研究団体への
支援・協力を行っています。

※平成22年10月1日(金)〜11月30日(火)まで、平成25(2013)年度に開催される
国際会議を対象に共同主催の募集を行います。

詳細についてはこちらをご覧ください。

http://www.scj.go.jp/ja/int/kaisai/entry.html

■-----------------------------------------------------------------
公開シンポジウム「口蹄疫発生の検証およびその行方と対策」の開催について(ご案内)
------------------------------------------------------------------■

平成22年4月、宮崎県で家畜口蹄疫が発生した。これは平成12年に宮崎県
と北海道で92年振りに発生したことに引き続く、10年振りであった。今回の
口蹄疫は、最初、水牛に発生したとされる。その後、一般の牛、豚に感染し、
川南町を中心に爆発的に蔓延状況になり、約28万頭の家畜の殺処分となった。
近年希なる大被害となり、先進清浄国としては嘆かわしい不覚の致すところ
である。この口蹄疫に関しての発生原因、発生前からの予防対策、経過・事
後処理、今後の対策、後世への遺産等々、反省を込めて追跡・究明すると共
に、今後の科学的対応への参考・教訓としたい。

◆日  時:平成22年8月25日(水)13:00〜17:00
◆場  所:東京大学農学部1号館8番教室(東京都文京区弥生1−1−1)
◆次  第:13:00〜13:10 開会挨拶
真木 太一
(日本学術会議農学委員会風送大気物質問題分科会委員長、
筑波大学北アフリカ研究センター、九州大学名誉教授)

座長:大政 謙次(東京大学大学院農学生命科学研究科、
日本学術会議連携会員)

13:10〜13:50
黄砂によって輸送される病原性物質−アレルゲンと口蹄疫ウイルス−
礒田 博子(筑波大学北アフリカ研究センター、日本学術会議連携会員)
山田パリーダ(筑波大学北アフリカ研究センター)
森尾 貴広(筑波大学北アフリカ研究センター)
13:50〜14:30
黄砂の長距離輸送と宮崎県内での口蹄疫発生の気象的特性
真木 太一(日本学術会議農学委員会風送大気物質問題分科会委員長、
筑波大学北アフリカ研究センター、九州大学名誉教授)
八田 珠郎((独)国際農林水産業研究センター)
杜 明遠((独)農業環境技術研究所)
脇水 健次(九州大学大学院農学研究院) 

14:30〜14:50 休憩

座長:鈴木 義則(九州大学名誉教授、日本学術会議連携会員)

14:50〜15:30
2010年宮崎に発生した口蹄疫について
津田 知幸((独)農業・食品産業技術総合研究機構
動物衛生研究所企画管理部)
15:30〜16:10
口蹄疫ウイルスと口蹄疫の病性について
村上 洋介(帝京科学大学生命環境学部)

座長:青木 正敏(東京農工大学大学院農学府、日本学術会議連携会員)

16:10〜16:50
近年、英国、韓国および我が国で発生した口蹄疫について
−特に感染経路を中心に−
白井 淳資(東京農工大学大学院農学府・農学部獣医学科) 

16:50〜17:00 閉会挨拶
宮崎 毅(東京大学大学院農学生命科学研究科、日本学術会議連携会員)

詳細については、以下のURL(日本学術会議HP)を御覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/100-s-2-1.pdf

◆申込み先:〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1筑波大学 北アフリカ研究センター
真木 太一 Tel・Fax:029-853-6442 E-mail:maki.taichi.fe@u.tsukuba.ac.jp
(申込み:連絡先住所、所属、氏名、電話等を記載。E-mail、郵便にて。150名で締切り)

【問い合わせ先】
日本学術会議事務局第二部担当 木田
Tel:03-3403-1091

*******************************************************************
学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
********************************************************************
==================================================================== 
日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術
誌等への転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多く
の方にお読みいただけるようにお取り計らいください。
また、日本学術会議協力学術研究団体の指定を受けておられる学協会
におかれましては、メールアドレス、事務局及びその所在地、電話番号、
ファクシミリ番号、ホームページURL等に変更がありましたら、事務局
p228@scj.go.jp)まで御一報いただければ幸いです。
====================================================================
発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34