日本学術会議ニュース

【SCJ】平成22年度共同主催国際会議「第21回IUPAC化学熱力学国際会議」の開催について(ご案内)他- 学術会議ニュース・メールNo.261-2

====================================================================  
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.261-2 ** 2010/7/23 **
====================================================================
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇ 平成22年度共同主催国際会議「第21回IUPAC化学熱力学国際会議」の開催について(再案内)
◇ 平成22年度共同主催国際会議「第9回プラトン・シンポジウム」の開催について(ご案内)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■----------------------------------------------------------------------------
平成22年度共同主催国際会議「第21回IUPAC化学熱力学国際会議」の開催について(再案内)
----------------------------------------------------------------------------■
会 期:平成22年7月31日(土)〜8月6日(金)[7日間]
場 所:つくば国際会議場(茨城県つくば市)

日本学術会議が、日本熱測定学会及び社団法人日本化学会と共同主催する「第21回IUPAC
化学熱力学国際会議」が、7月31日(土)より、つくば国際会議場で開催されます。
当国際会議では、「21世紀における化学熱力学の役割」をメインテーマに、溶液熱力学、
相平衡、生物熱力学、食品・医薬品、コロイド・界面、熱化学、材料科学、実験法、理論・
シミュレーション、環境問題、熱力学教育等を主要題目として、研究発表と討論が行われる
予定であり、41ヵ国・1地域から550名の研究者・技術者の参加が見込まれています。
また、一般市民を対象とした公開講座として、7月31日(土)に「第21回IUPAC化学熱力学
国際会議 公開講演会」が開催されることとなっておりますので、関係者の皆様に周知いた
だくとともに、是非、御参加いただきますようお願いいたします。

【第21回IUPAC化学熱力学国際会議 公開講演会】

日 時:平成22年7月31日(土)13:30〜16:00
会 場:つくば国際会議場 中ホール300(茨城県つくば市竹園2−20−3)

講 演 1「温度,熱,そして私たちの生活 − 熱力学入門」
Mary Anne WHITE(カナダ・ダルハウジー大学・教授)
【講演は英語。日本語へ逐次訳】
講 演 2「地球環境と熱力学 − 地球の熱収支と水」
阿竹 徹(東京工業大学・名誉教授、ICCT-2010組織委員長)
【講演は日本語】

※詳細は以下のホームページをご参照ください。
○国際会議公式ホームページ  (http://www.icct2010.org/index.html

【問合せ先】日本学術会議事務局参事官(国際業務担当)付国際会議担当
(Tel:03-3403-5731、Mail:i254@scj.go.jp

■----------------------------------------------------------------------------
平成22年度共同主催国際会議「第9回プラトン・シンポジウム」の開催について(ご案内)
----------------------------------------------------------------------------■
会 期:平成22年8月2日(月)〜7日(土)[6日間]
場 所:慶應義塾大学 三田キャンパス(東京都港区)

日本学術会議と日本西洋古典学会が共同主催する「第9回プラトン・シンポジウム」が、
8月2日(月)より、慶應義塾大学で開催されます。
当国際会議では、「プラトン『国家』」をメインテーマに、「正義とは何か」をめぐる
倫理学、理想国家を論じる政治学、魂の三部分説を提唱する心理学、文芸と体育を中心と
する初等教育、男女共同参画の社会論、イデア論を中心とする知識論・存在論、数学を基
本とする高等教育、多角的な政体分析、文芸批判といったきわめて広汎なトピックを現代
の視点から改めて検討し、プラトン哲学の全体像をそこから探ることが課題となり、約32
ヵ国・250名の研究者の参加が見込まれています。会議は、英語・仏語・独語・伊語・西語
で行われ、通訳はありません。
また、一般市民を対象とした公開講座として、8月7日(土)に「プラトン哲学の現代的
意義―『ポリテイア』(国家篇)を中心に―」(日本語)が開催されることとなっております
ので、関係者の皆様に周知いただくとともに、是非、御参加いただきますようお願いいたし
ます。

【プラトン哲学の現代的意義―『ポリテイア』(国家篇)を中心に―】

日 時:平成22年8月7日(土)14:00〜18:00
会 場:慶應義塾大学三田キャンパス 西校舎ホール(東京都港区)

提題者:Luc Brisson(フランス・CNRS)、 Livio Rossetti (イタリア・ペルージャ大学)、
岩田靖夫(東北大学・名誉教授)、佐々木毅(学習院大学・教授)、加藤信朗(首都大学
東京・名誉教授)、納富信留(慶應義塾大学・教授)

※詳細は以下のホームページをご参照ください。
○国際会議公式ホームページ  (http://phil.flet.keio.ac.jp/ips2010/
○公開講座案内ホームページ (http://www.carls.keio.ac.jp/education/post_18.html#478

【問合せ先】日本学術会議事務局参事官(国際業務担当)付国際会議担当
(Tel:03-3403-5731、Mail:i254@scj.go.jp

********************************************************************
学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
********************************************************************
==================================================================== 
日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術
誌等への転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多く
の方にお読みいただけるようにお取り計らいください。
また、日本学術会議協力学術研究団体の指定を受けておられる学協会
におかれましては、メールアドレス、事務局及びその所在地、電話番号、
ファクシミリ番号、ホームページURL等に変更がありましたら、事務局
p228@scj.go.jp)まで御一報いただければ幸いです。
====================================================================
発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34