日本学術会議ニュース

【SCJ】日本学術会議健康・生活科学委員会子どもの健康分科会報告「日本の子どものヘルスプロモーション」の公表について(ご案内)他- 学術会議ニュース・メールNo.260

====================================================================  
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.260 ** 2010/7/16 **
====================================================================
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇ 日本学術会議健康・生活科学委員会子どもの健康分科会報告「日本の子どもの
ヘルスプロモーション」の公表について(ご案内)
◇ 平成22年度共同主催国際会議「第21回IUPAC化学熱力学国際会議」の開催について(ご案内)
◇ 市民公開講座「感覚器(視覚と聴覚)と社会とのつながり」の開催について(ご案内)
◇ 「科学技術と社会の相互作用」第3回シンポジウムの開催について(ご案内)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■-----------------------------------------------------------------------
日本学術会議健康・生活科学委員会子どもの健康分科会報告「日本の子どものヘルス
プロモーション」の公表について
------------------------------------------------------------------------■
日本学術会議は、7月12日(月)、会則第2条に基づき表出する政府及び関係機
関等への報告として、健康・生活科学委員会子どもの健康分科会報告「日本の子ども
のヘルスプロモーション」(平成22年7月1日開催の第99回幹事会了承案件)を
公表しました。

本報告は次のURLからご覧になれます。

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-21-h99-1.pdf

■-----------------------------------------------------------------------
平成22年度共同主催国際会議「第21回IUPAC化学熱力学国際会議」の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------------■
会 期:平成22年7月31日(土)〜8月6日(金)[7日間]
場 所:つくば国際会議場(茨城県つくば市)

日本学術会議が、日本熱測定学会及び社団法人日本化学会と共同主催する「第21回
IUPAC化学熱力学国際会議」が、7月31日(土)より、つくば国際会議場で開催されます。
当国際会議では、「21世紀における化学熱力学の役割」をメインテーマに、溶液熱力
学、相平衡、生物熱力学、食品・医薬品、コロイド・界面、熱化学、材料科学、実験法、
理論・シミュレーション、環境問題、熱力学教育等を主要題目として、研究発表と討論
が行われる予定であり、41ヵ国・1地域から550名の研究者・技術者の参加が見込まれて
います。
また、一般市民を対象とした公開講座として、7月31日(土)に「第21回IUPAC化学熱
力学国際会議 公開講演会」が開催されることとなっておりますので、関係者の皆様に
周知いただくとともに、是非、御参加いただきますようお願いいたします。

【第21回IUPAC化学熱力学国際会議 公開講演会】

日 時:平成22年7月31日(土)13:30〜16:00
会 場:つくば国際会議場 中ホール300(茨城県つくば市竹園2−20−3)

講 演 1「温度,熱,そして私たちの生活 − 熱力学入門」
Mary Anne WHITE(カナダ・ダルハウジー大学・教授)
【講演は英語。日本語へ逐次訳】
講 演 2「地球環境と熱力学 − 地球の熱収支と水」
阿竹 徹(東京工業大学・名誉教授、ICCT-2010組織委員長)
【講演は日本語】

※詳細は以下のホームページをご参照ください。
○国際会議公式ホームページ  (http://www.icct2010.org/index.html

【問合せ先】日本学術会議事務局参事官(国際業務担当)付国際会議担当
(Tel:03-3403-5731、Mail:i254@scj.go.jp)
■-----------------------------------------------------------------
市民公開講座「感覚器(視覚と聴覚)と社会とのつながり」の開催(ご案内)
------------------------------------------------------------------■  
◆日  時:平成22年8月10日(火)、14:00〜17:30
◆場  所:日本学術会議講堂
◆主  催:日本学術会議臨床医学委員会感覚器分科会、
◆後  援:(財)日本眼科学会、(社)日本耳鼻咽喉科学会
◆次  第:
開会の辞
根木  昭(日本眼科学会理事長)

司会:加我 君孝(日本学術会議連携会員、日本耳鼻咽喉科学会常任理事)
石橋 達朗(日本学術会議連携会員、日本眼科学会常務理事)

基調講演
「これからの感覚器医療政策」
吉田 統彦(衆議員議員)

一般演題

1.聴覚・平衡覚・嗅覚・味覚および音声と社会とのつながり
八木 聰明(日本学術会議連携会員、千葉・柏リハビリテーション学院・学院長)
2.全身疾患診療に役立つ眼科
山下 英俊(日本学術会議連携会員、山形大・眼科教授)
3.環境音と難聴
原   晃(筑波大・耳鼻咽喉科・頭頸部外科教授)
4.目に良い食べ物
石田  晋(北海道大・眼科教授)
5.補聴器―調整と購入をめぐって
岡本 牧人(北里大・耳鼻咽喉科・頭頸部外科教授)
6.コンタクトレンズ医療の最前線
大橋 裕一(愛媛大・眼科教授)
7.声を聞く
―舌がんと喉頭がん手術後の声のコミュニケーション
福田  諭(日本学術会議連携会員、北海道大・耳鼻咽喉科・頭頸部外科教授)
8.眼科手術の進歩
坂本 泰二(日本学術会議連携会員、鹿児島大・眼科教授)
9.質疑応答

閉会の辞
八木 聰明(日本学術会議連携会員、日本耳鼻咽喉科学会理事長)

★お問い合わせ・お申込み先:
郵便番号、住所、氏名、電話番号、Fax番号をご明記のうえ、往復はがき、Fax、E-mail
のいずれかにてお申し込みください。(参加申込締切:8月3日(火))
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-4-7
スタッフルームタケムラ有限会社内 市民公開講座事務局
Tel:03-5287-3801 Fax:03-5287-3802
E-mail:ct01-srt@kt.rim.or.jp

※参加費無料です。

詳細については、以下のURL(日本学術会議HP)を御覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/96-s-2-4.pdf

【問い合わせ先】
日本学術会議事務局第二部担当 青池
Tel:03-3403-1091

■-----------------------------------------------------------------------
■■「科学技術と社会の相互作用」第3回シンポジウム■■
------------------------------------------------------------------------■
社会のための科学技術という観点で採択された、社会技術研究開発事業
「科学技術と人間」研究開発領域の研究開発プロジェクトが、現時点
での成果や今後の見通しなどを報告します。海外からの専門家も交え、
それぞれの研究開発の意義や課題について討議します(同時通訳有)。

○日時:2010年8月24日(火) 10:00-17:35
○会場:富士ソフトアキバプラザ5階 アキバホール
http://www.ristex.jp/eventinfo/precenter/science100824/access_j.html
○参加費:無料(事前登録制)
http://www.ristex.jp/eventinfo/precenter/science100824/application_j.html
○主催:(独)科学技術振興機構 社会技術研究開発センター
後援:科学技術社会論学会
○シンポジウムに関する詳細は、下記のURLよりご確認下さい。
【日本語版】
http://www.ristex.jp/eventinfo/precenter/science100824/index_j.html
【英語版】
http://www.ristex.jp/eventinfo/precenter/science100824/index.html

********************************************************************
学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
********************************************************************
==================================================================== 
日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術
誌等への転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多く
の方にお読みいただけるようにお取り計らいください。
また、日本学術会議協力学術研究団体の指定を受けておられる学協会
におかれましては、メールアドレス、事務局及びその所在地、電話番号、
ファクシミリ番号、ホームページURL等に変更がありましたら、事務局
p228@scj.go.jp)まで御一報いただければ幸いです。
====================================================================
発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34