日本学術会議ニュース

【SCJ】「これからの大学教育の質保証のあり方:大学と評価機関の役割」の開催(ご案内) 他 −学術会議ニュース・メールNo.242−

==================================================================== 
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.242 ** 2010/4/2 **
====================================================================
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇ 「これからの大学教育の質保証のあり方:大学と評価機関の役割」の
開催について(ご案内)
◇ 日本学術会議春の定例総会の開催について(ご案内) 
◇ 日本学術会議ホームページのリニューアルについて(お知らせ)
◇ 会員及び連携会員等の登録情報の変更届について(お願い)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■-----------------------------------------------------------------------
3認証評価機関・日本学術会議共催シンポジウム
「これからの大学教育の質保証のあり方:大学と評価機関の役割」の開催について
(ご案内)
------------------------------------------------------------------------■
■日時・会場:
第1回 平成22年4月24日(土)13時00分〜17時00分
上智大学10号館講堂
第2回 平成22年5月15日(土)13時00分〜17時00分
一橋記念講堂(学術総合センター内)
第3回 平成22年5月29日(土)13時00分〜17時00分
関西大学BIGホール100(第2学舎4号館内) 

■主催:(財)大学基準協会、(独)大学評価・学位授与機構、
(財)日本高等教育評価機構、日本学術会議

■後援:文部科学省、(財)短期大学基準協会、(株)朝日新聞社、
(社)国立大学協会、公立大学協会、日本私立大学団体連合会

■趣旨
認証評価制度は、今年度で7年目を迎え、平成23年度から二巡目が開始されますが、
7年間の経験を踏まえて、さらに効果的で効率的な評価システムを構築することが求め
られています。各認証評価機関において、二巡目の認証評価のあり方に関して実務的な
検討を進めていますが、節目の年である今年度に、大学と認証評価機関を含む幅広い関
係機関が、広い意味での大学コミュニティとして、今後の大学教育の質保証のあり方に
ついて、共通の認識を形成することが重要であると考えます。このため3つの認証評価
機関と日本学術会議の共催で、3回のシンポジウムを開催することとしました。第1回
目で、認証評価機関と日本学術会議から、問題提起を含む意見の表明を行い、第2回・
第3回では、大学関係者自らがこの問題について議論を深めていただくことを予定して
います。そして、最終的に、全体の議論を一つの共同声明の形で取りまとめることを目
指したいと考えています。

■プログラム【敬称略】
<第1回 「わが国の質保証システムの実質化に向けて」>

第1部 パネリストからの基調報告
「わが国の質保証システムの中での認証評価の位置づけ・あるべき方向」   
鈴木典比古(国際基督教大学学長)・川口昭彦(大学評価・学位授与機構理事)
瀧澤博三(私学高等教育研究所主幹)
「大学教育の分野別質保証について」
広田照幸(日本学術会議 大学教育の分野別質保証の在り方検討委員会、日本大学教授)

第2部 パネルディスカッション
コーディネーター:清水一彦(筑波大学副学長)

<第2回 「大学側から見た質保証の課題」>

第1部 パネリストからの基調報告
山田勉(学校法人立命館総合企画部事業計画課課長)・前田早苗(千葉大学普遍教育センター教授)
濱名篤(関西国際大学学長)・北村隆行(京都大学大学院工学研究科教授)

第2部 パネルディスカッション
コーディネーター:川口昭彦(大学評価・学位授与機構理事)

<第3回 「大学側から見た質保証の課題」(第2回と共通論題)>

第1部 パネリストからの基調報告
市村孝雄(山口県立大学教授)・高田英一(九州大学准教授)
久保猛志(金沢工業大学教授)・北村隆行(京都大学大学院工学研究科教授)

第2部 パネルディスカッション
コーディネーター:生和秀敏(大学基準協会特任研究員)

■参加費:無料

■定員:
第1回 800名
第2回 400名
第3回 500名

■申込
(1) Web(http://www.juaa.or.jp((財)大学基準協会ホームページ))
(2) 締切:定員になり次第、申込受付を締め切りにさせていただきます。

【問い合わせ先】日本学術会議事務局 審議第一課題別担当
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34
TEL: 03-3403-1091/FAX: 03-3403-1640/mail:s248@scj.go.jp

■-----------------------------------------------------------------
日本学術会議春の定例総会の開催について(ご案内)
------------------------------------------------------------------■
平成22年春の定例総会は4月5日(月)〜7日(水)に開催されます。
日本学術会議を挙げて取り組んでまいりました日本の展望の最終審議、関連
する13分科会の提言の報告などが予定されております。
また、平成22年秋の総会は10月4日(月)〜6日(水)に開催すること
となりました。会員の皆様におかれましては、御予定に入れておいていただ
きますよう、よろしくお願い申し上げます。

■-----------------------------------------------------------------
日本学術会議ホームページのリニューアルについて(お知らせ)
------------------------------------------------------------------■
日本学術会議ホームページのリニューアルについて、「トップページの見や
すさ、使いやすさ」に重点を置いたホームページの画面構成の見直しを行い
ましたので、お知らせします。
主な見直し点は、以下のとおりです。
(1)全体の構成を一望できるようにするため、トップページ画面左のメニュー
を整理し、タブ化して画面上部に横並びとしたこと。
(2)公表資料へより速やかに到達できるようにするため、「提言・報告等のペ
ージ」のメニューをトップページに置いたこと。
(3)第1階層のサブメニューは画面左側に統一したこと。

併せて、委員会等における審議経過や調査結果などを取りまとめた「記録」
については、これまでは紙媒体で保管しておりましたが、より誰でも参照す
ることができるようにするため、ホームページ内に「記録」のページを置き
ました。

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kiroku/

なお、日本学術会議ホームページの右上にある「検索」は、日本学術会議ホ
ームページのサイト内の「文字検索」を行うことができますので、ご活用く
ださい。ただし、PDF内の文字も検索できますが、画像としてスキャンし
た文書はできませんので、ご注意ください。

■-----------------------------------------------------------------
会員及び連携会員等の登録情報の変更届について(事務局からのお願い)
------------------------------------------------------------------■
新年度を迎え、会員及び連携会員の皆様に事務局からのお願いです。
人事異動等に伴いまして、勤務先・居住先に変更がありましたら、
勤務先名・職名と併せて、新たな連絡先(資料等送付先)として、住所、
電話番号、ファクシミリ番号、メールアドレスを事務局(a233@scj.go.jp
までお知らせください。

また、日本学術会議協力学術研究団体の指定を受けておられる学協会に
おかれましては、メールアドレス、事務局及びその所在地、電話番号、
ファクシミリ番号、ホームページURL等に変更がありましたら、事務局
p228@scj.go.jp)まで御一報いただければ幸いです。

********************************************************************
学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
********************************************************************
==================================================================== 
日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術
誌等への転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多く
の方にお読みいただけるようにお取り計らいください。
====================================================================
発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34