日本学術会議ニュース

【SCJ】公開シンポジウム「若手アカデミーとは何か」の開催(ご案内)- 学術会議ニュース・メールNo.239-

==================================================================== 
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.239 ** 2010/3/1 **
====================================================================
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■-----------------------------------------------------------------
公開シンポジウム「若手アカデミーとは何か」の開催について(ご案内)
------------------------------------------------------------------■
近年、ヨーロッパの一部の国(現在、オランダ、ドイツ、オーストリアの
3ヶ国)のアカデミーで、30代を中心とする若手研究者からなる部門が設
置され、若手アカデミー(Young Academy)として、学際的・国際的な交流
活動や、科学と社会をつなぐ活動等に関して、独自の取組みを展開するとい
うことが行われている。
その上で、こうしたヤングアカデミー活動の一層の普及拡大を図ろうとする
動きがあり、2つの方向からこのための取組みが展開されている。一つは 
IAP(InterAcademy Panel )と世界経済フォーラムとの連携を通じた取組み
であり、IAPと世界経済フォーラムは、2年間にわたって、中国で開催され
るサマーダボス会議に各国の優秀な若手研究者を招聘して、若手研究者の役
割について議論を行ってきた。ここでの活動をベースとして、本年2月に、
ベルリンで、Global Young Scientist Academy (GYSA) の設立と、各国での
若手アカデミー設立推進とを目的とした国際ワークショップが開催されたが、
本若手アカデミー委員会も、同ワークショップに4名の若手研究者の派遣を
行った。
もう一つは、ヨーロッパで全欧の若手アカデミーを設立しようという取組み
であり、こちらはIAPの協力機関であるIAC(InterAcademy Council)との連
携の下に、ALLEA(ALL European Academies, 欧州科学人文学術会議連合)
が中心的な議論の場となっている。
今回、ALLEA事務局長のクライン博士が来日する機会を活用し、同博士から、
全欧の若手アカデミーの設立に向けた動き等について紹介いただくとともに、
併せてベルリンのワークショップに参加した若手研究者からの報告を行い、
日本におけるこの問題に対する今後の取組みの在り方を検討するシンポジウ
ムを開催する。

※1 正式名称:InterAcademy Panel on International Issues

◆  日 時 平成22年3月4日(木)13:30〜16:30

◆ 場 所 大阪大学中之島センター佐治敬三メモリアルホール (10F)

※ 京阪中之島線中之島駅より徒歩約5分;阪神本線福島駅より徒歩約9分;
JR東西線新福島駅より徒歩約9分;地下鉄四つ橋線 肥後橋駅より 徒歩約10分ほか。
アクセスについては、以下をご覧ください。
http://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php

◆ 主 催  日本学術会議 若手アカデミー委員会
◆ 後 援  大阪大学
◆ 協 力  大阪大学21世紀懐徳堂
詳細は以下のホームページをご参照ください。

○ 日本学術会議事務局ホームページ
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/90-s-1.pdf

【参加申込みについて】
定員 190名、参加費 無料、登録不要
【問合せ先 】 
廣田 英樹 (日本学術会議事務局)  hideaki.hirota@cao.go.jp
中村 征樹(大阪大学大学教育実践センター准教授) masaki@cep.osaka-u.ac.jp

********************************************************************
学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
********************************************************************
==================================================================== 
日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術
誌等への転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多く
の方にお読みいただけるようにお取り計らいください。
また、日本学術会議協力学術研究団体の指定を受けておられる学協会
におかれましては、メールアドレス、事務局及びその所在地、電話番号、
ファクシミリ番号、ホームページURL等に変更がありましたら、事務局
(p228@scj.go.jp)まで御一報いただければ幸いです。
====================================================================
発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34