学会の歴史 

日本レーザー歯学会の発展史

 歯科とレーザーの関係は、1964年にSternと Sognnaes により、ルビーレーザーをエナメル質と象牙質の蒸散に初めて用いた時にさかのぼる。それから4半世紀後の1989年、日本レーザー歯学会は大阪で産声をあげた。最初は日本レーザー歯学研究会でスタートし、第3回まで研究会で第4回から正式に日本レーザー歯学会を標榜した。

 第1回日本レーザー歯学研究会は大阪歯科大学の藤井弁次教授が大会長、熊崎 護先生が準備委員長を務められ、1989年の12月9日、10日に大阪歯科 大学講堂で開催された(表1)。当時の記録をみると一般会員195名、賛助会員3社であった。その後、第2回を東京(山本 肇教授)、第3回を福岡(森岡俊夫教授)で開催した。上述のごとく、1992年、名称を日本レーザー歯学会と改め、第4回学術大会を東北大学の神山紀久男教授を大会長に仙台で開催した。その後、順調に発展し、第5回は東京(松本光吉教授)、第6回名古屋(深谷昌彦教授)、第7回大分(清水正嗣教授)、第8回新潟(草刈 玄教授)、第9回大阪(熊崎 護先生)、第10回東京(斎藤 毅教授)、第11回東京(田上順次教授)、第12回浜松(橋本賢二教授)、第13回郡山(嶋倉道郎教授)、第14回横浜(石川 烈教授)、第15回名古屋(吉田憲司教授)、第16回千葉(平井義人教授)、第17回新潟(加藤喜郎教授)、第18回千葉(安孫子宜光教授)、第19回横浜(新井 教授)で開催され、第20回は大阪の吹田(粟津邦男教授)で総会・学術大会ならびに学会設立20周年記念大会が開催された。それ以降、第21回福岡(南里嶽仁先生)、第22回名古屋(千田 彰教授)、第23回大阪(神原正樹教授)、第24回神戸(古森孝英教授)、第25回東京(津田忠政先生)、第26回大宮(横瀬敏志教授)、第27回札幌(斎藤隆史教授)、第28回名古屋(吉成伸夫教授)、第29回新潟(新海航一教授)で開催された。今後は第30回東京(沼部幸博教授)、第31回大阪(山本一世教授)の順に開催が予定されている。

 歴代の代表幹事、理事長は表2のごとくである。初代は東京医科歯科大学元学長で名誉教授の山本 肇先生が1989年12月から1990年3月までを務められた。2代目は九州大学名誉教授の森岡俊夫先生、3代目は東北大学名誉教授神山紀久男先生、4代目は大阪歯科大学の熊崎 護先生、5代目は新潟大学の草刈 玄教授が就任した。しかし、先生は残念なことに2000年の3月にご逝去された。その後を引き継ぎ、熊崎先生が2002年3月まで再び理事長に就任した。2002年4月からは石川 烈教授が理事長に就任し、2005年4月からは橋本賢二教授が理事長に就任し、2007年4月からは平井義人教授が理事長に就任し、2009年4月からは吉田憲司教授が理事長に就任し、2013年4月からは渡辺 久先生が理事長に就任し、2017年6月からは冨士谷盛興先生が理事長に就任し現在に至っている。会員数は当初の195人から900人を超えるまでになっている。

 学会発展史の中で、特記すべきは2002年7月に第8回国際レーザー歯学会(ISLD)を石川 烈教授が大会長を務め、パシフィコ横浜で開催したことである。25の国と地域から700人を超える参加者があり、レーザー歯学の進歩と発展を実感した大会であった。ISLDは日本レーザー歯学研究会が設立される以前の1989年12月に第1回大会を前出の山本 肇先生が大会長で東京で開催された。それ以後2年おきに開催され、2006年に World Federation for Laser Dentistry(WFLD)に改称した。2016年には名古屋にて開催され、次回は2018年にベルリンにて開催される。

歴代理事長

  • 平成元年12月9日〜平成2年3月31日 山本 肇(医科歯科大・歯)
  • 平成2年4月1日〜平成5年3月31日 森岡 俊夫(九大・歯・予防)
  • *平成3年11月30日/日本レーザー歯学研究会代表幹事→日本レーザー歯学会理事長
  • 平成5年4月1日〜平成8年3月31日 神山 紀久男(東北大・歯・小児)
  • 平成8年4月1日〜平成11年3月31日 熊崎 護(大歯大・保存)
  • 平成11年4月1日〜平成12年3月12日 草刈 玄(新潟大・歯・第2補綴)
  • 平成12年3月13日〜平成14年3月31日 熊崎 護(大歯大・保存)
  • 平成14年4月1日〜平成17年3月31日 石川 烈(医科歯科大・歯周)
  • 平成17年4月1日〜平成19年3月31日 橋本 賢二(浜松医大・医・口外)
  • 平成19年4月1日〜平成21年3月31日 平井 義人(東歯大・歯・保存)
  • 平成21年4月1日〜平成25年3月31日 吉田 憲司(愛院大・歯・口外)
  • 平成25年4月1日〜平成29年度第1回定時代議員会終結時(平成29年6月18日) 渡辺 久(医科歯科大・院・歯周)
平成29年度第1回定時代議員会終結時(平成29年6月18日)〜現在に至る 冨士谷 盛興(愛院大・歯・保存修復)

歴代大会長

  • 第 1 回 平成元年12月9日・10日 藤井 弁次(大歯大)
  • 第 2 回 平成2年11月30日・12月1日 山本 肇(医科歯科大・歯)
  • 第 3 回 平成3年11月30日・12月1日 森岡 俊夫(九大・歯・予防)
  • 第 4 回 平成4年11月27日・28日 神山 紀久男(東北大・歯・小児)
  • 第 5 回 平成5年11月27日・28日 松本 光吉(昭和大・歯・第1保存)
  • 第 6 回 平成6年11月8日・9日 深谷 昌彦(愛院大・歯・第1口腔外科)
  • 第 7 回 平成7年11月18日・19日 清水 正嗣(大分大・歯・口腔外科)
  • 第 8 回 平成8年10月24日・25日 草刈 玄(新潟大・歯・第2補綴)
  • 第 9 回 平成9年10月31日・11月1日 熊崎 護(大歯大・保存)
  • 第10回 平成10年11月20日・21日 斎藤 毅(日大・歯・保存)
  • 第11回 平成11年11月12日・13日 田上 順次(医科歯科大・歯・第1保存)
  • 第12回 平成12年9月29日・30日 橋本 賢二(浜松医大・医・口腔外科)
  • 第13回 平成13年11月23日・24日 嶋倉 道郎(奥羽大・歯・第1補綴)
  • 第14回 平成14年7月31日〜8月2日 石川 烈(医科歯科大・院・歯周病学分野)
  • 第15回 平成15年11月27日・28日 吉田 憲司(愛院大・歯・口腔外科第1)
  • 第16回 平成16年12月11日・12日 平井 義人(東歯大・保存第3)
  • 第17回 平成17年10月29日・30日 加藤 喜郎(日歯大・新潟歯・保存第2)
  • 第18回 平成18年10月7日・8日 安孫子 宜光(日大・松戸歯・生化)
  • 第19回 平成19年11月24日・25日 新井 (鶴見大・歯・保存)
  • 第20回 平成20年9月20日・21日 粟津 邦男(阪大・院・エネルギー工学)
  • 第21回 平成21年11月22日・23日 南里 嶽仁(福岡県開業)
  • 第22回 平成22年11月13日・14日 千田 彰(愛院大・歯・保存)
  • 第23回 平成23年12月3日・4日 神原 正樹(大歯大・口腔衛生)
  • 第24回 平成24年12月1日・2日 古森 孝英(神戸大・院・医・口外)
  • 第25回 平成25年9月28日・29日 津田 忠政(東京都開業)
  • 第26回 平成26年12月6日・7日 横瀬 敏志(明海大・歯・歯内)
  • 第27回 平成27年6月6日・7日 斎藤 隆史(北医大・歯・う蝕制御)
  • 第28回 平成28年7月16日 吉成 伸夫(松歯大・保存)
  • 第29回 平成29年9月23日・24日 新海 航一(日歯大・新潟生命歯・保存)

各賞受賞者一覧


年度 優秀発表賞 学術奨励賞(2013年度より新設)
2004年   浜島進(日大松戸)  
鈴木貴規(日歯大)  
津田忠政(東京)  
2005年   播磨貴裕(広島大)  
峯篤史(岡山大)  
南里嶽仁(福岡県)  
2006年   丸山裕昭(医科歯科大)  
岡田慶子(日大)  
三枝英敏(医科歯科大)  
2007年   高崎アリステオ淳志(医科歯科大)  
渡辺聡(医科歯科大)  
内園岳志(大阪大)  
2008年   興雄司(九州大)  
N.J.Pongnarisorn(医科歯科大)  
吉野敏明(医科歯科大)  
2009年   葛西惇士(金沢大)  
石井克典(大阪大)  
吉嶺嘉人(九州大)  
2010年   山口博康(鶴見大)  
谷口陽一(医科歯科大)  
大澤数洋(愛院大)  
2011年   坪川正樹(医科歯科大)  
横瀬敏志(奥羽大)  
藤村岳樹(愛院大)  
2012年  大久保美佐(日歯大)  
浅井知子(神戸大)  
2013年  北哲也(大阪大) 松本妃可(九州大)
佐竹和久(医科歯科大)  
2014年  本津茂樹(近畿大) 江尻健一郎(医科歯科大)
國松亮(広島大)  
2015年   飯嶋雅弘(北医大) 谷口陽一(医科歯科大)
鈴木瑛子(明海大)  
木原智子(九州大)  
2016年   杉田好彦(愛院大) 澤辺正規(医科歯科大)
小林一行(鶴見大) 藤村岳樹(愛院大)
小峯千明(日大松戸)  
2017年   岡本基岐(大阪大) 佐々木康行(愛院大)
山崎涼子(明海大) 林泰誠(医科歯科大)
磯村まどか(愛院大)